借金返済

クレジットカードの支払いができず借金する

 

私はクレジットカードを2枚所有していて、1枚は通信費や家賃などの固定費などの支払い用、もう一つはショッピングや娯楽用のカードとして利用していました。
しかし、クレジットカードを使用していると、支払いが1ヶ月先になるため、ついつい今お金を払えなくても給料前にしっかりと払えばいいかと使ってしまっていました。
これは払うお金がないのにもかかわらず、支払っているため借金をしているものと同じと感じました。

 

しかし、それにも気づかないままどんどんクレジットカードを使用していたため利用残高が増えてきました。
しかし、それも破綻する時がきて、現金で直接10万円を支払わないといけない時がきたため、クレジットカードの支払いができなくなりました。
そのため、消費者金融でキャッシングをしました。

 

クレジットカードでの借り入れを支払うために、違う会社、つまり、消費者金融に借入をしました。
後日、しっかりと計画を立てて、消費者金融の借金を返済することができ、無事に借入をなくすことができました。
この経験をいかして、クレジットカードの使用を控えるようにして、見えない借入を減らすようにしてきました。
実際にクレジットカード破産というものが頻繁に起きているため、しっかりと計画的につき合っていこうと決めました。

 

 

 

 

完済までの道

一時期カードローンやクレジットカードのキャッシングが多くなったことがありました。
現在のように総量規制がなかった頃なので、大手の信販会社で大口のカードローンを申込み、借り換えをすることができました。
ここまではよかったのですが、カードローンの残高が多かったためスーツなどの買換えを控えていたのですが、さすがに買い換えの必要が生じてきました。
結果として更に借金が増加し、まとめた当初は100万円程度たったのに、150万円以上の残高になってしまいしました。

 

しかし、今までのように借入先が多くて毎月資金繰りを気にするようなことはなくなったため気は楽になりました。
一本化したのだから、返せる限り毎月返済しようと毎月生活を切り詰めて頑張りました。
カードローンの完済については、金利を安くする小手先の方法がよく紹介されていますが、結局元本を減らすことが一番大切であり、そのためには自分の生活を切り詰めることが一番なのです。
独身だった私にとっては、できない話ではなかったため、ボーナスが減らされたと思ったりして返済に励みました。

 

結局、150万円を1年強かかって完済しました。
貯金はほとんどなくなりましたが、借金がゼロになったため結婚を決めることができました。
結婚式の費用などをすべて家内に出してもらったこともあり、今でも家内には頭が上がりません。

 

 

 

 

お金を借りるイメージについて

 

世間ではお金を借りるというとものをあまり良いイメージを持っていないのが事実だ。
『借金』という文字にするとなおの事イメージは悪くなり、漫画や映画で良く観るような、恐い人たちが取り立てにくるという印象があるのではないだろうか。
しかし、それは間違った情報であり、マイナスイメージだけが先行し、暗い雰囲気を醸し出しているだけに過ぎない。
借金は決して悪いものではない。

 

貯蓄をし十分な蓄えがあるなら別だが、この不景気の昨今、まとまったお金を貯める事は難しい。
急な用立てで、お金が必要な時に助けてくれるもの、それが「お金を借りる」ということ。
お金を借りるシステムがなければ、お金を工面出来ず、困り果てた人は大勢いるだろう。

 

このシステムがあることでどれほど、多くの人が救われ、助かってきた事かと声を大にして言いたい。
借金が悪いわけではなく、そのイメージだけで位置づけられている。
本来、株や保険などもお金を用意するという点では同じであり、同じ様なシステムなのだ。

 

しかし、それが借金という文字に変わるだけで人々はあまり良い印象を抱かない。
本質は「お金を必要としている人への援助」という素晴らしい効力を持っている。

 

 

 

 

結婚には本当にお金が必要か?

「どうして結婚しないんですか?」と聞くと、「お金がなくて」という声を聞くことが多いです。
でも、本当に結婚にはお金が必要なのでしょうか?

 

確かに、親に借金をして結婚式の資金を捻出したという友人の話も聞きます。
借金と言っても、さすがにローンを組んで結婚!
という話は聞きませんが、結婚の為の積立て定期預金は、一般的な金融商品でしょう。

 

私たち夫婦の場合、双方の意見が奇跡的に一致し、「結婚式は二人で挙げるが、披露宴はしない」という方法をとりました。
不思議とどちらの親も異を唱えず、式にすら参列せず、その時に撮った写真だけ大切に保管していただいております。

 

こうすんなりと方向性が一致する夫婦(結婚前の為、カップルと言った方が正しいでしょうか)と言うのは珍しいかも知れません。
「ジミ婚」にした理由は、そのお金を新生活や子供の為に割こうという意図があってのことです。

 

結婚式が挙げられるくらいの資金を貯めてから挙式をしたため、割合余裕のある新生活となったのですが、すぐに子供が出来たり、転職の関連で引っ越し、移動手段としての車を購入するなど、すぐに資金は減っていきました。

 

そこまで予測していたわけではありませんが、結果的に「ジミ婚」で節約したお陰で、なんとかやりくりできたことになります。
もしもそうでなければ、借金をしながらの生活になったでしょう。
親に借りるか、金融機関に借りるか……。
ともあれ、その後は順調に生活しており、今では家のローンに苦しみながら、楽しい毎日を送っています。

 

参考サイト:「借金 結婚

 

 

 

キャッシングは借金の革命と言えます

 

今までに借金は、どちらかと言えばお金を貸す側の金融機関側の視点で作られていたと言えます。
お金を借りる時の貸し出し審査がとても厳しかったので、お金を借りられる人がかなり制限されていたと言えます。
年齢、収入、職業などの条件が揃った人でなければ、借金が出来なかったのです。

 

ですがお金を借りたいと思っているのは、寧ろその条件に該当していない人たちの方です。
しっかりとした定職に就いて、十分な収入がある人なら、お金を借りる機会は少ないと言えます。
そんな借金をする機会が少ない人たちの為だけに、金融機関はお金を貸していたと言えます。

 

また昔は金融機関からお金を借りた時の利息を計算する金利も高く、返済時にはその利息がかなりの負担となっていたのです。
ですから厳しい貸し出し審査と高い金利によって、かつては借金をする人が少なかったのです。
しかしキャッシングの登場によって、金融機関は変わったと言えるのです。

 

今まで金融機関側にとって有利とも思えるような状況を一変させ、今度はお金を借りる側の消費者の立場に立った仕組みにしたのです。
キャッシングは従来の厳しい貸し出し審査と違ってだいぶ緩和されましたし、法改正により金利もだいぶ引き下げられました。
ですからキャッシングの登場によって、消費者側にとって有利な仕組みが誕生したと言えるのです。