タントの発売と下取り相場

初代は2003年に発売された、この車。
ダイハツ・タントは、軽自動車のうちハイトワゴンもしくはトールワゴンと呼ばれるカテゴリーのなかでも特に車高が高いスーパーハイトワゴンの草分け的な存在であると同時に同カテゴリーの代表車種です。

現在の軽自動車の車両寸法の規格は、全長3400mm・全幅1480mm・全高2000mmであり、従来から一部の例外を除き、ほとんどの軽自動車が全長と全幅は規格いっぱいの大きさでしたが、高さについては、スズキ・ワゴンRやダイハツ・ムーブなど全高が1600-1700mm程度のハイトワゴンが背の高い軽自動車の主流でした。

そんな時代に1700mmを超える全高による高さ方向はもちろん、2440mmのロングホイルベースによる前後方向にも広大な室内空間を最大の特徴として発売されたのが初代です。

タントにより一般的になった軽自動車のスーパーハイトワゴンの元祖は、1990年に発売された、三菱のミニカトッポかもしれませんが、ミニカトッポは、ベース車両のミニカと下半分は共用し、窓ガラスやピラーを単純に上方向に伸ばしてルーフを高くしたデザインで、背の高さがあまりに強調されすぎた感もあり、広く受け入れられるまでには至りませんでした。

初代は、現在のホンダ・NBOX、スズキ・スペーシアも含めた、大ヒット車種となる軽自動車のスーパーハイトワゴンの礎を築いたクルマと言ってよいと思います。

ただ最近の軽自動車の販売状況を見ると、NBOXがダントツの人気となっています。
その為もあって、中古車市場でのタント下取り価格は苦戦が続いています。

参考:タント下取り相場表

買取専門店を利用するなど、売却時の金額を引き上げるには、工夫が必要な状態となっています。

クラウンの若返りと買取相場

クラウンは2012年にフルモデルチェンジしました。
このフルモデルチェンジでクラウンのスタイルは大きく変わりました。

フロントグリルが大きくなり、デザインが少し下品になったという論評もありました。
そのほかにもハイブリッドモデルが追加されこれが主力車種になりました。

販売台数の減少とオーナーの高齢化がクラウンの課題でした。
ハイブリッドカーが増えてきて燃費の悪い高給乗用車は敬遠される傾向にありました。

ロイヤルシリーズのオーナーの平均年齢は60歳を超えているといわれていました。
そこでトヨタはデザインを少し派手にしたり、ハイブリッドカーを投入して燃費向上を行ったというわけです。

いままでのクラウンは6気筒エンジンだけでしたが、ハイブリッドは4気筒とそれなりの批判があったり、デザインも議論を読んだりしましたが、まさにそれがトヨタの狙いで議論を巻き起こしてディーラーに足を運んでもらい、潜在ユーザーを掘り起こそうとしたようです。

そのほかにピンク色の車種を投入したりもしました。
限定販売でしたが、かなりの申し込みがあったようです。

参考:クラウン買取で相場より高く売る査定のコツ

アベノミクスのおかげもあり、クラウンの販売は好調のようでトヨタの作戦は成功したといわれています。
中古車市場での買取価格なども、人気のせいもあって高いようですね。

キューブの特徴と買取相場

日産のコンパクトカーの中でも特に人気のある車が、キューブという車です。
この車の特徴の一つが名前の通り、四角く特徴的なフォルムを持つという事です。

また後ろは左右非対称の形状でユニークなデザインとなっています。
全長は3.9mという事で4mに満たない大きさながら車高は1.6m以上となっており、コンパクトカーですが広い室内空間を得ることが出来ています。

また足回りにも工夫がされており、新モデルのほうには搭載されているエクストロニックCVTの改善が施されており、加速時や高速走行時の安定性が向上されています。

またキューブ車体の重量自体も2WDで1000kg前後、4WDでも1100kg以下となっており他のミニバンなどと比べるととても軽く作られています。

その為加速やブレーキの際などに感じるもっさりという感じはなく、キビキビと走る印象を受けます。

価格設定もグレードによりますが150万円から210万円以下と最近の車の中では安めの設定となっている為、車を初めて買おうと思っている人にはお求めやすい価格となっています。

参考:キューブ買取で相場より高く売る査定のコツ

現在の時点ではまだハイブリッド搭載タイプが無く、燃費の面でどうしても他の車に劣ってしまう点が、キューブの欠点と言えます。

しかしこの欠点を考慮しても、広い室内空間やキビキビとした操作性は大きな魅力と言えます。
車の購入を検討している人は是非キューブも視野に入れてみてはいかがでしょうか。

アルファードの代車と買取相場

いつもの大きなハイエース(ロング)が、東から西から1台ずつ、私が勤める病院の入り口へ入ってきます。
載せているのは患者さんたちです。
自力での通院が困難な方々にとって、2台のハイエースは生活必需車輌でした。

そんな送迎バスの役目の車輌をふくめて、病院で使っている車輌の車検や点検は、事務部経理の私が管理していました。
もしも違うメーカーの車輌ならば、引き受けなかったような責任の重い役目ですが、幼い頃から車はここしかみとめなかったメーカーの車で統一されていることに、なぜかフムフムと納得し、まかされてしまったのです。

ある点検の日、片方のハイエースがピットで一泊することになりました。
そこでいつものように、代車を出していただくことになったのですが、その年末の代車はカッコよすぎました。
深い色合いのアルファードです。
しかも、ハイエースのロングと違い、お借りしたのは普通免許で運転の可能なものでした。
つまり、私の免許でも運転ができるのです。

こっそりとエンジンでもかけてみたい欲望にかられて、夕方に駐車場まで見に行きましたら……
非番の大型運転手さんまでが集まって、みんなで勉強会をしていました。なぜなら……

参考:アルファード買取.powerful.jp

患者さんの中に、アルファードのほうがいいと言いだした方が出て、同じ乗り心地で明日からのハイエースを運転するための勉強会、自己啓発だったのですが、運転手さんも患者さんも両方、カッコイイ車を求めての話でしょう。

一日だけお世話になったアルファードのキーを、私がしっかりと受け取って、帰り道に原付バイクで、ハイエースの待っているピットへ寄り道をして、大好きなメーカーのたくさんのカッコイイ車輌を、目の前で見てため息をつき、いつかはきっと……と思うのでした。

ミニバンの車種と値引きランキング

我が家には2台の車があり、一台は軽自動車で、もう一台はコンパクトカーです。
私の家族は子供2人と夫婦の4人家族です。
休日は家族で車に乗ってでかけることがありますが、コンパクトカーでも乗れないことはありませんが窮屈です。

今の車を購入した当時は3人家族だったのでよかったのですが、4人になるとミニバンのほうがありがたいです。
家族4人が乗って荷物を沢山載せれば非常にせまくなります。
子供がシートで寝てしまうことがあり、横になるとシートの狭さを感じます。

次に買う車はミニバンにしようと考えていますが、比較的コンパクトな車種にしたいです。
ミニバンといってもいろんな車種があり、大きさも違います。

3列シートであればボディサイズはコンパクトでも問題ないです。
あまり大きいサイズになると、運転がしづらかったり駐車スペースを広くとったり、燃費が悪くなったりします。

参考:ミニバン人気ランキングと値引き購入ガイド

それならば小回りがきくコンパクトなミニバンが良いと考えています。
コンパクトな車種といえば、ホンダのフリードがあります。
フリードはコンパクトなサイズでありながら、3列シートでスライドドアがついています。

マツダのプレマシーも同様に良いと感じています。
4人以上の家族となればミニバンが良いです。