アルファードの代車と買取相場

いつもの大きなハイエース(ロング)が、東から西から1台ずつ、私が勤める病院の入り口へ入ってきます。
載せているのは患者さんたちです。
自力での通院が困難な方々にとって、2台のハイエースは生活必需車輌でした。

そんな送迎バスの役目の車輌をふくめて、病院で使っている車輌の車検や点検は、事務部経理の私が管理していました。
もしも違うメーカーの車輌ならば、引き受けなかったような責任の重い役目ですが、幼い頃から車はここしかみとめなかったメーカーの車で統一されていることに、なぜかフムフムと納得し、まかされてしまったのです。

ある点検の日、片方のハイエースがピットで一泊することになりました。
そこでいつものように、代車を出していただくことになったのですが、その年末の代車はカッコよすぎました。
深い色合いのアルファードです。
しかも、ハイエースのロングと違い、お借りしたのは普通免許で運転の可能なものでした。
つまり、私の免許でも運転ができるのです。

こっそりとエンジンでもかけてみたい欲望にかられて、夕方に駐車場まで見に行きましたら……
非番の大型運転手さんまでが集まって、みんなで勉強会をしていました。なぜなら……

参考:アルファード買取.powerful.jp

患者さんの中に、アルファードのほうがいいと言いだした方が出て、同じ乗り心地で明日からのハイエースを運転するための勉強会、自己啓発だったのですが、運転手さんも患者さんも両方、カッコイイ車を求めての話でしょう。

一日だけお世話になったアルファードのキーを、私がしっかりと受け取って、帰り道に原付バイクで、ハイエースの待っているピットへ寄り道をして、大好きなメーカーのたくさんのカッコイイ車輌を、目の前で見てため息をつき、いつかはきっと……と思うのでした。

SNSでもご購読できます。